不動産知識を身に付けリフォームを行う

間取りの経済性を高めるには家族本位

2階の吹き抜け沿いに、子供達が遊ぶためのファミリースペースを設け、1階で家事をしていても、子供達が遊んでいる気配を感じるスペースも実現できます。
こうした間取りが実現可能となると、今まで日本で良しとされてきた住宅像が変わってきます。子供には個室を与え、欧米のように独立心を養う事が良いと、多くの方が信じています。弊社で間取りの打ち合わせをするときも、多くの方が最初に子供部屋を要望されます。しかし、昔の日本はそうではなかったはずです私が育った実家もそうでしたが、古い日本家屋には個室などありませんでした。私にとってそれが当たり前で、個室が無い事が問題にはなりませんでした。もちろん、子供が年頃になると、1人になれる場所を与えてやることに反対はしません。しかし、それは本人が望んだ時で十分だと私は思います。
子供が小さいうちは、細々と小さく区切った個室をわざわざ作るのではなく、将来的に個室にすることを可能にしておいて、家族とのコミュニケーションをもっと大事にした間取りにしておく方が、私は大切だと思います。皆さんはどう考えられますか?
このように家屋の断熱性能が良くなるだけで、とができる、良い機会にもなるのです家族間のコミュニケーションのあり方も考えなおすこ他にも、窓の断熱性能が高くなることにより、できることが変わってきます。

工事がスムーズにできるよう
工事がスムーズにできるよう
家の建てかたを考えるとき
家の建てかたを考えるとき


中でも一九三二年の特集号を見ると建築

暮らしを実現出来る間取りになっちやう工事の方式を決める今までの窓で間取りを考える時は、寒い冬に窓から冷気が下りてくることを考慮し、寝室につける窓は、ベッドとの位置関係を考えて、慎重に検討する必要がありましたしかし、窓の断熱性能があがるとその必要性がなくなります。仮に狭い寝室であっても窓を2方向にとり、風の通り道を考慮した窓配置としても、十分に快適な睡眠ができる部屋になりますこのように、家の隅から隅まで暖房の効いた快適な空間になれば、今まで誰もが常識と思っていたことが、簡単に覆されます。かつての日本は、冬場はコタツに入ってじっとしているのが、家の中での過
ごし方の常識でした。しかし高気密·高断熱住宅では、冬場でも快適な空間で快活に行動し、適切なコミュニケーションを取り、心身共に健康的に過ごせるのです家族間で
お勧めな高気密·高断熱住宅とはちまたに溢れるニセモノにご用心!s4章の最後にも触れたように、高気密·高断熱住宅は、日本では歴史がまだとても浅いです。ヨロッパでは以前から断熱性の高い住宅が一般的でしたから、高気密、高断熱住宅に関するノウハウがす6章でに確立されています。

住宅を一瞬で浮かせることができ

他の箇所まで修理する裏技しかし日本ではまだまだ問題が生じることがあります最も有名な議論として、外断熱内断熱のどちらが良いかというものがあります外断熱内断熱充填断熱工法この話はすでにある程度の決着がついています。
は鉄筋コンクリートといいますそもそも住宅などに使用される言葉です。
正しくは、外張り断熱工法とこの話の発端は、二00三年頃のことです。その頃は、まだ断熱材といえば、グラスウールと呼ばれるものを使っていました。グラスウールとは、フワフワの綿のような繊維が入った断熱材で、コストが安いためよく使用されていました。今でも使われます。当時の住宅はさらに昔の日本家屋のような隙間風がいたる所から入ってくる住宅とは違い、次第に欧米文化の影響を受けて、壁で覆う住宅となり隙間が徐々に減ってきていました。そのため特に意識していないのに隙間風が減り、どんどん気密性が上がっていったのです。この頃の気密を意図しない気密と呼びます住宅環境が変化したことに気づかない生活者は今までと同じ生活をおくっていました。家具と壁の隙間がどれぐらい家の中で掘りごたつや火鉢などで火を起こして暖を採る人はいなくなりましたが、まだ灯油ストーブなど燃料を燃焼させて暖かい空気を作る暖の採り方をしていたのです。燃料を燃やす暖の採り方では、暖かい空気の中に水蒸気を大量に含みます今までは建物に隙間が多かったため、熱とともに生み出される水蒸気がうまい具合に外へ排出されていました。しかし、その隙間が意図せずに減ったものですから、外へ逃げられない水蒸気は家の中の外に近い壁の中で冷えて、水滴へと変わります。さらに悪いことに、グラスウールは施工の方法によっては発生した水滴を吸い込んでしまいます。水滴を吸い込んだグラスウールはやがてカビてしまいますこの現象を見て、『断熱材を家の中に施工するからこういうことが起こるのだ』と誤解する人がでてきて「内断熱正しくは充填断熱工法は危ないから、外断熱正しくは、外張り断熱工法の方が良い」という主張が生じたのですこの主張も間違いではないのですが、必ずしも死にしなければいけないとは限りません。カビの主な原因は湿気(水蒸気)を含んだ空気が大量に発生したことにあり、家の中に断熱材を施工したこと自体が原因ではありません。
さらに、断熱材がカビたケースも本来正しいとされる施工を十分に行っていなかったためで、家のにグラスウールを設置するとカビが必ず生えるわけではありません。また、断熱材はグラスウールに限ったわけではなく、施工不良によるカビを問題視するのなら、他のカビにくい断熱材を選び家の中に施工することもできますこうしたエピソードは、外断熱正確には外張り断熱工法の優位性を訴えたい人によって広めらたもので、実際にはどちらかが一方的に優れているといえるものではありません。

マンション管理組合の収支構造を把握する

どちらにも有利な点不利な点があるのです。
最新技術を使った住宅では外側と内側の両方に断熱材を施工し、さらに断熱性能をアップさせた住宅も出てきていて、弊社でも設計しています。断熱施工は、外側と内側、どちらでも性能を確保できます正しい情報を得て、無益な議論に惑わされないようにして下さい。
高断熱住宅を建てるときには、どのような断熱材を選択するかが大切です。断熱材の断熱性能はさまざまで選ぶ断熱材によって耐久性なども変わってきますので、じっくり検討して選んでください。その断熱材をどのような壁の構成で、どのように施工するかが一番重要となりますそしてもう一つ大切な要素は、「窓」です。窓は実は家の中で最も内外の温度差を伝えやすい場所で壁の断熱材をいかに良くしても、窓の断熱ができていなければ高断熱住宅にはなりません。最近では断熱性能に富んだ窓も普及してきています。窓を選ぶ際は、断熱性能に注意することがポイントです高断熱住宅のことを知らない建築家が窓の断熱性能が良くなったからといって、大きな窓を作りたがる傾向にあります。窓の断熱性能がどれほどよくなっても、壁の断熱性にはかないません。高断熱住宅とするためには、窓は極力小さい方が断熱上は有利です。これも覚えておくと良いポイントです。

窓を大きくしたい場合は、南側に向けて省エネする手法もあります。最初に紹介した動画などが良い事例です。


家具の配置も難しいのではない

この他にも、窓に関しては、特に工夫が必要となりますので、注意が必要です。
次に忘れてはならないのが気密性です。最初に述べましたが、気密性が悪い家は、それだけ建物に隙間が多いということです。せっかくの高断熱住宅も、隙間が多ければ熱が逃げやすい状態になり、性能を発揮できません。施工者側は、気密をとる施工が大変なのでほどほどで良いなどということもあります。妥協しないで、しっかりと気密性能を確保してもらいましょう。気密は、断熱性能がよくなればなるほど特に影響が大きくなります。
他にも、まだまだ気をつけなければならないことがたくさんあります。
りたい方は、お気軽に私に尋ねてください。
より詳しい情報や注意点を知賃貸より一五万円トクなのだ


間取りになっちやう工事の方式を決める 不動産知識を身に付けリフォームを行う 建築に触れ合いたいなーという感じで自