間取りになっちやう工事の方式を決める

建築の研究書も充実している

ですから、日本には採暖の感覚が今でも残っていて、少し高めの温度で体が温まったら、エアコンを消すというような習慣ができてしまったのです日本の住宅は、はなから部屋を暖めるという考えを持ち合わせていなかったわけです。

今でも日本では採暖と暖房の中間のような暖の採りかたが主流です多くの方は電気代がもったいないからこれで良いじゃないか!というかもしれませんと、ろがそうとも限らないのです現在では、暖房器具としてエアコンやヒーターなど種々のものがあります。また、コタツや電気カーペットで暖を採るスタイルもまだまだ残っています。しかし、これからの省エネを考えると、エアコンのように効率の良い暖房器具が主体となっていくことになります。ですのでとって考えてみます。
ではエアコンを例にまず、エアコンの稼働方法について、皆さんの経験を思い出しながらイメージして下さい。エアコンはスイッチを入れて運転が始まると、まず設定された目標の温度に向かって全力で運転します。そして目標の温度に達するとピタッと静止したかのように静かになります。時間が経って、部屋の温度が設定温度よりある程度低くなると、また運転を再開します。このような稼働方法になっているので、エアコから勢いよく風が出ているときと、そうでないときがありますよね。
冷蔵庫と全く同じ運転の仕方なのですが、ここがミソですイメージ出来ますか?これは最初に運転が始まって、目標の温度に達するまでに全力で運転する間、多くの電気を消費します。

家に改善する動画コンテンツ
家に改善する動画コンテンツ
工事説明会は通常大規模修繕
工事説明会は通常大規模修繕


住まいのあり方を変える動きであ

家づくりをきちんと報告したうえ家が合理的だと言い切ることもできません部屋を暖めて消す、寒くなったらまた点ける……を繰り返すと全力で運転する時間が長くなり、かなりの消費電力量になってしまいます。
一方で、断熱の十分に聞いたヨーロッパなどの住宅では、エアコン自体はずっと点けっぱなしですが、すでに目標の温度に達した状態になったあとは、その状態からなかなか温度が下がりません。目標の温度からある程度下がって、エアコンが運転を再開するまでの時間が長くなります。そして、室温が下がりきらないうちにエアコンが運転を再開し、短時間で目標の温度まで達するため、24時間稼働していても全力で運転する時間が短くなり、電気を消費する量は少なくてすむのですこう考えると、日本の今の習慣を高気密·高断熱住宅での生活に当てはめた場合、必ずしも電気を節約できてはいません。高気密·高断熱ではない住宅であれば、つけている時間が短いほうが電気代の節約ができる可能性が高くなるのですが……ですから、省エネ生活の初歩として、高気密·高断熱住宅を選択するのであれば、エアコンを点けたり消したりするよりも常時運転したほうが電気代が安くなる可能性があると知ってほしいのです。

家族を基本としてい

家というよりは広くただし、これは断熱性能が十分に高い場合でないと、安くならないため、注意が必要です。もし、もっと詳しく知りたい場合は、気軽に私にご相談下さい。
この他上手な省エネ方法として、部屋を暖めるのか、家を暖めるのかの違いもでてきます。今までの住宅では、エアコンを使ってもせいぜい部屋を暖めることしかできませんでした。家電量販店のエアコンコーナーでエアコンを見ると0畳用と表示がしてあります。あれは断熱性能の高くない標準的な家で使用した場合の目安として書いてあります。家の断熱性が良くなると、この表示があてはまりません。例えば、6畳用と書いてあるエアコンでも、断熱性能の良い家では20畳や30畳の部屋でも十分に使えるようになります。
そして、この考えを推し進めると、エアコン1台だけで家全体を暖めることも可能になります。
を我々は全館暖房と言ったりします。
これいかに高気密·高断熱な住宅といえども、同じ能力のエアコンで暖める空間が大きくなれば、その分電気代も必要になります。ですから、せっかく高気密·高断熱にするのであれば、どの範囲を暖房で暖めることにするのかも前もって考えた上で設計することが重要ですその上で、エアコンの運転方法などを工夫して過ごすことが、生活といえます高気密·高断熱住宅を活用した省エネマンションの最上階

理由その4>

科学的に証明!?住んでいると健康にも良い!?
ここからは、さらに高気密·高断熱住宅で最も注目されている点についてお話します。
あなたは、メタボ検診に行かれたことはありますか?
このメタボ検診がなぜ行われるようになったかというと、日本の不景気や高齢化社会と関係があります。日本では、近年の高齢化と共に家庭に必要な医療費が年々高くなっています。これにも関わらずこの不景気のために世帯収入は延びも無く、反対に減ってしまっている世帯もあります。これはまずいと考えた政府は、病気の元凶を断ち、国民を健康にしようと考えました。そこで、成人病の最たるものとされている、生活習慣病の改善に乗り出したわけです。

間取りの変更は難しい

生活習慣を変えるためには、まず自分の健康状態を知ることが大切。そうした背景で始まったのがメタボ検診です。
本当はメタボ検診と同様に推奨すべき方法が世の中には存在します。
れができないとされています。
しかし日本ではある理由からそヨーロッパ諸国では、病院へ行くと医者が「あなたはどんな家に住んでいますか?」と、聞くことがあるそうです。この医者は別に患者のプライベートを知りたくて聞いているわけではありません。諸外国の医者は、住んでいる環境がその人の健康を左右することを心得ているのです特に、家の中が寒いと『循環器系の疾患』が多くなると言われています。いままで日本ではこのことを経験から理解していながら科学的に実証することがなかったために、公に言われることがありませんでした。しかし、二0一0年に入って、科学的に根拠があると分かりだしたために、有識者がこの事実を世の中に伝えようと種々の努力をしていますにもかかわらず、あなたはこうした事実を聞いたことはありましたか?


資産税がいらない

恐らくはほとんどの方が初めて聞いたとおっしゃるでしょう。それもムリはありません。政府はこの事実を公表する術を未だに模索しているからです……。
政府としても住宅の環境が良くなって、患者が少なくなれば世帯あたりの医療費が減少すると分かっていながら、対策を打ち出せないでいますそれはなぜかというと……。
医療費問題を抱えているのは、厚生労働省一方、住環境問題を扱うのは国土交通省
です日本のこの特殊な縦割り行政のために、改善されることが分かっているにも関わらず、対策が打ち出せないでいるのが実情のようですですから、家を建てたり、リフォームしたりする方はせっかく住環境を改善するチャンスがあるのに事実を知らないまま計画を終えてしまいます。
この本を読んで頂いているあなたには、そのようなことがないように、高気密·高断熱住宅がいかに健康に寄与しているかを知ってから家づくりの計画をしていただきたいと思います。
[効果その①ヒートショックの予防]これは有名な話ですが、日本では、交通事故で亡くなる人数より住宅内での事故で亡くなる方が多いというデータが出てきます。部屋の使い勝手が悪い


家が合理的だと言い切ることもできません 建築に触れ合いたいなーという感じで自 まだ要介護認定を受けていない状態なのに住宅