間取りアドバイスは私もこれという

大手であることの信頼や

毎日、料理をするからこそ、そのための道具や材料がたくさん必要です。ゴミも出ます。
色々なことに気を配っていないと、キッチンはごちゃごちゃになってしまうのは当たり前。綺麗なキッチンは当たり前ではないのです。何もしなくても綺麗なキッチンを維持できる人は、ほんのひと握りの人です。ごちゃごちゃのキッチンだからと言って、自分を責めなくても大丈夫です。キッチンを綺麗に維持するためにはコツがあります。そのコツは自分の動線や使い勝手に合わせたキッチンにすることです。そのために、先ずキッチンの現状を見てみましょう。

キッチンの悩みは

キッチンの現状を掴むにはどこが使いにくいかを知ることから始めます。
キッチンの収納や使い方のお悩みを聞いてみました。
物が多すぎてあふれている。ものを置くスペースが足りない。

  • マンションであれば
  • マンションとどれだけ長く付き合っている
  • 工事のたびに改善を繰り返して

部屋数が異なってごちゃごちゃとした小物が多い。整理してもごちゃごちゃしている。
みんなでお料理するとき使いづらい·片付けがうまくできない、やってもすぐ散らかる。
収納スペースがない。
動線が長い。
部屋がちらかりやすい。
·すっきりしたキッチンにしたい。
引越し直後でどう収納したらいいかわからない。
美しく片付けたい。
壁面の飾りや窓辺の飾り方が知りたい。
キッチンを上手に使いたい。
などたくさんありました。
あなたのキッチンは使いやすいですか?片付いていますか?
カウンターの上に何かがいつも出ていますか?
片付かない、使いにくい、散らかっていませんか?
その理油を考えてみましょう
家族が多い時間がない·ものが多い。
·いらないものが多すぎる必要なところに必要なものがない·ほかの人がきちんと片付けない·しまう場所がない、収納が少ない。
料理に時間がかかる動線が悪い当てはまるものはありましたか?
皆さん同じような問題を抱えています。
時間があったら、収納場所が多かったら、最新式のキッチンであれば片付くのでしょうか?
使いやすいキッチンになるのでしょうか?

理想のキッチンがあればキッチンはモデルルームのように綺麗にできる?!

家は必要ないといって

 

工務店さんに移行して

私はインテリアコーディネーターとして、新築住宅やリフォームのキッチンのプランをします。
皆様、新しいキッチンへの要望がたくさんあります。
古くて暗いから明るいキッチンにしたい。
キッチンが狭いから広いキッチンが欲しい。
孤立しているのでみんなで使えるキッチンにしたい。
収納がたくさん欲しい。
料理中!子供たちを見たいので対面キッチンにしたい。
散らかっているのを見せたくないから独立型キッチンが欲しい。
キッチン扉は無垢がいい。
·スタイリッシュなキッチンがいい。
·全くのものが出ていないスッキリキッチンにしたい。
かわいい小物が似合うキッチンがほしい。
などなど、本当にたくさんあります。

様々な要望にあわせてキッチンを作ります。
希望通りのキッチンを手に入れ、使い勝手も満足されている方がたくさんいます。
まさにアメリカ的な建築
住宅には火災保険をかけるのが一般的
でも新築やリフォームで希望通りのキッチンを手に入れたのに、やっぱりうまく使えないという方がいます。なんとなく散らかってしまう。
そんな方のキッチンを見てみるとキッチンの使い方、収納の仕方に問題があります。理想のキッチンを手に入れただけでは片付いたキッチンにはならないのです。
また、いらないものを処分して片付けただけでもモデルームのようなキッチンにもなりません。
新築でもごちゃごちゃキッチンになってしまうのですから、新築でもない、賃貸でリフォームもできない、狭くて古いキッチンは、やっばリ劄やれで使いやすいキッチンにはならないのでしょうか?
そんなことはありません。
どんな暮らしがしたいかをしっかり考えることで、古くても、賃貸でも、おしゃれなキッチン作りが可能になります。

 

住宅でおおまかな予算を考える

暮らし方住まい方が大切なのです。
手持ちのものを見直してスッキリ暮らすのが良い、捨てることが大切だと言われます。
確かにいらないものや、たくさん買いすぎて、賞味期限が切れたものがあるかもしれません。でも、それは収納場所が良くないからしまい忘れて、使えなかったのです。
いらないもの、捨てるものを探して処分するのではなく、いるもの、使うもの、好きなものを選びましょう。そしてそれらを使いやすv、位置に置くようにします。
そうするとキッチンでの作業の効率が格段によくなり、動線の良い、使いやすくて綺麗なキッチンを作ることができます。

動線とは家の中や作業上で人や物が動く線のことです。
キッチンでお料理や後片付けをする際に動く場所や距離をいいます。
この動線に無駄があると、効率や使い勝手が悪くなります。
自分自身のキッチンでの動きに無駄がないか動線を見直してみましょう。
自分のキッチンで使いやすさを一番に考えて収納の場所を決めていくことで、そして、自分らしい暮らしやインテリア空間づくりを目指してしていきます。
自ずと動線の整った収納の使いやすいキッチンを作ることができます。
これを快適美空間の法則と私は提案しています。
この本では2軒のキッチンで快適美空間の法則を実践しました。
現状を把握し、どんな暮らしがしたいかを明確にし、必要な物を選び、動線に従って収納したことでインテリアと暮らしを楽しめるキッチンになりました。
どのように実践し、キッチンがどう変わったかを前のページで見てみましょう。

建築士の資格さえあればあとは登録するだけ

散らかったキッチンをたった半日でモデルルームに

1·マンションのキッチンどんな暮らしがしたいかを考えて使い勝手と収納、インテリアを見直したキッチン1人暮らしのM様のキッチンです。
M様はお料理上手で、たくさんのこだわりの食器や調理器具をお持ちです。食材にもこだわって、美味しいお料理をあっという間にたくさん作ります。
でも、キッチンが狭いのがお悩みでした。お客様がたくさん来られるおうちですので、片付けやすく綺麗なキッチンにしたいというご要望でした。
マンションの1型キッチンにプラスしてカウンターのキッチンと食品庫があります。

飾っていますが調理の邪魔です。
直ぐに取れるのでとても便利ですがご②流し前にたくさんのフライパンやお玉、ちゃごちゃした感じがします。
フライ返しなどが吊るしてあります。
流し前の壁が見えないほど沢山かけています。
吊るす収納は使うモノどこがあるかがすぐ分かり、汚れがつきやすい場所です。


家は必要ないといって 施工を行っている LED テープライト

施工を行っている

住宅の初期からあ

このように実際に細かく見ていくとさまざまな違いがあることに気が付きます。もちろん、冬場だけでなく、夏場もこのような違いがつぶさに出てきます。ただ、夏場は断熱対策だけでなく、日射の遮蔽(しゃへい)にも気を使わなくてはなりません。ご注意ください!!
参考に、高気密·高断熱住宅を実際に建てられた方の感想をご紹介します。
冬場、朝起きるのが辛くなくなった。
冬場に外に出るのが億劫じゃなくなった。
·冬に風呂に入るのが楽しくなった。
·家の中で、こたつでじっとしているだけでなく、活発に活動ができるようになった。
このように、高気密·高断熱住宅を建てるとさまざまな快適性を実感できるのです。



建築がよく残ったのは考えてみましょう
【2011年】世帯でのエネルギー消費量106J/世帯冷房、860暖房、10,230動力·照明他13,294給湯10,859厨房、3,1152章理由その2>省エネ·地球温暖化防止にも貢献二00九年九月鳩山元首相が、国連気候変動サミットの場で高らかに宣言した二酸化炭素排出量の削減目標があります。二0二0年までに一九九0年と比べて、二酸化炭素排出量を25%も抑える目標を掲げました。鳩山元首相は、宣言した当時、実際にどのようにしてこの目標を達成するのかをあまりよく考えていなかったそうです。
坂本雄三教授執筆時、東京大学大学院は、「現状の日本では、二酸化炭素の排出量を減らすことができる分野は限られている」とおっしゃっています。すでに産業部門から排出される二酸化炭素の量は日本の技術レベルの高さをもって企業努力を重ねた結果もうこれ以上は抑えられないほど効率的になっています。
そこで今、二酸化炭素の排出量抑制の一番有望株として挙げられているのが、中から排出される二酸化炭素の量を減らすことです。
我々が普通に生活する試算では、一般家庭から排出される二酸化炭素量を一九九0年と比べて半分に減らすことで、実現が可能といわれています。

  • 家なんか住めればいい
  • マンションライフをする為の要
  • 住宅街に佇む低層

サラリーマンがメドとする購入価格帯

施工会社による社内検査と手直し工程会議この分野で減らすことができなければ、我々の血税を使って、外国から二酸化炭素の排出権を買ってくるしかないと言われています…高気密·高断熱住宅には、日本が自ら作ってしまったピンチを救ってくれる可能性があります!
「なぜ高気密·高断熱住宅にすると二酸化炭素の排出量が減るの?」と疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。
それを理解するには家の中で使用されるエネルギーの割合を知ることが大切です家の中で使用されるエネルギーの量を多いものから挙げていくと1·お湯を沸かすのに必要なエネルギー2·暖房や冷房に使用するエネルギー3·照明に使用するエネルギ(次ページグラフ参照出典:経済産業省資源エネルギー庁http:/goo.glcQ474h)という順番です。
工事門塀エ事車庫工植栽

建築会社さんにお伝えするぐらいならシンプルテレビや冷蔵庫のエネルギー消費も少なくないのですが、るとその使用量には大きな差があります。
これらの3項目と比較すエネルギーを使うということは、酸化炭素を発生させます。電気は、電気やガス·灯油などを使うことに他ならず、結果として多くの二発電所で生成される際に、主に火力発電を使用します。そのため
電気を使っても、事実上、二酸化炭素が多く発生することになりますですので、どれだけ使用するエネルギーの量を減らせるか、かが二酸化炭素の排出量を減らすために大切となるのです。
または効率良くエネルギーを活用できる私が「高気密·高断熱住宅にすると暖房が効きやすくなる」るのです。
と紹介したことが、ここで活かされてくつまり、高気密·高断熱住宅にすることによって、ネルギーが削減できるのです。
今までと同じ生活をしていても冷暖房に必要なエこのような理由から、高気密·高断熱住宅は、地球温暖化防止に役立つのです-コラム地球温暖化防止のためにできること地球温暖化防止のためには、家を高気密·高断熱住宅にするだけではまだ足りません。何といっても、一九九0年と比べて50%もの排出量の抑制が必要なわけですから、高断熱化による省エネ化以外にも消費しているエネルギーを抑える必要があります。私たちができることを順番に見ていきましょう。

家主と賃借人は顔を合わせなくてすむ

『暖房や冷房に使用するエネルギーをもっと減らすには』暖める器である、住宅自体だけではなく、暖める機器をもっと効率の良いものに変えれば、さらにエネルギー効率がよくなります。昔からある、灯油ストーブやガスファンヒーターは、省エネという意味では効率がとても悪く、1のエネルギーで1弱程度の暖房効果しか得られません。これに比べて、遥かに省エネ効果が高い機器がエアコンです。最近のエアコンでは、1のエネルギーで、4や5の暖房·冷房効果が得られます。こういった機器を高効率機器といいます。高気密·高断熱住宅にするのであれば古いエアコンは使用せずに、新しいものに買いかえると電気代がグッと下がり、料金的にお得になる事が殆どです。古いエアコンと比べると、使用するエネルギー量を半分以上減らすことも可能で、これで50%削減に一歩近づけます。
マンションを中心

マンションは給排水管の交換

戸建て志向が強い人『お湯を沸かすのに必要なエネルギーを減らすには』あなたの家では、お湯を何で沸かしていますか?
一番普及しているのが、ガスボイラーですが、寒い地域ではまだまだ灯油ボイラーが多いでしょう。長く住まれている家では、台所は瞬間湯沸かし器で、お風呂はガス釜というお宅もあるでしょう。いずれにせよ、使用するガスの量が多いわけです。
(地域によっては、薪でお風呂を沸かしているところもあるでしょう。私の嫁の実家は今でもそうです薪でお風呂を沸かす方法は、一番の省エネですし、温かいお湯で体の芯まで温まるものです。)これらの湯沸しを使い続けていたのでは、エネルギー消費を抑えることができません。いくらエネルギー消費量を減らしたいといっても、私たちが入るお風呂のお湯を半分に減らして湯船につかるわけにはいきませんそこで、エネルギーのロスを極力少なくするために、お湯を沸かす方法を根本的に変えた機器の普及が始っています。それが、エコキュートであり、エネファームです。
従来のエネルギーとの違いを簡単に説明すると、今までの湯沸かし器は、て、1よりかなり少ないお湯しか作れませんでした。
ガスのエネルギー1に対しそれに対してエコキュートは、電気1のエネルギーに対して、3程度のお湯が作れます。