「家にお手伝いさんがいることも珍しく」タグアーカイブ

住宅の一戸一戸のことを住戸という

現代の広告から建築

ブロックは平積みにすると強度が弱いと聞いたことがあるので、石ころとモルタルを詰め込んで穴を埋めました。
使用したブロックは全部で18個。
ブロックは1個100円くらいなのでとても経済的です。
基礎完成すべての沓石とブロックをモルタルで固定したら、水糸や板や杭を撤去し、基礎の完成です。

建物との固定は外周の羽了板沓石で行い、内側のブロックはただ乗っかっているだけという基礎です。
神社仏閣をはじめ昔の建物は、礎石の上に束を乗っけているだけだったりするので、これでも問題ないはずです。建築基準法的にはわかりませんが(笑)基礎の歪みは建物全部に影響してきますので、高さや水平や位置を妥協なくしっかりと合わせることが理想です。
基礎の上に束を立てたり、束に渡したツーバイ材を大引きにする場合などはそのときに水平を合わせることができますが、私の場合はこの上に建物の土台とな。角材を直接乗せてしまうので、基礎の水と高さと位置はしっかりと合わせる必要がありました。
車を駐車している道路から建築場所まで山道を200メートルくらいせっせと人力で運んで来るので、と運び入れました。
これだけの量の沓石やブロックを運ぶのも汗だくで一苦労ででした。
すべての資材はこのようにて人カでせっせ

土台·床

ツーバイフォー工法には、さまざまな細かい決まりごとが書かれた仕様書があります。
私の場合はきちんとその仕様書通りに作ったわけではなく、「なんとなくツーバイフォーっぽい工法」という感じで作りま’た。
本章でご紹介する土台や床はまさにそのよい例で、ツーバイフォーとはあまり関係ないやり方です。
土台土台にはツーバイ材ではなく90mmの杉の角材を使用。
材をカットして必要な個所にすべて欠きこみを入れたあと、組む前に防腐剤を2度塗りして防腐処理をしておきました。
材のこげ茶色は防腐剤の色です。
土台を作るうえで頭を悩ませたのは、組み方です。特に内側の十字に交差する部分。
一方を通しの材だす。とも大引と根太というやり方であれば大引の上に根太を走らせればいいので、う一方は交差する部分で切る必要があります。
どちらも切らずに一本の通しの材を使えます。
しかし、私が作ろうとしていた土台はすべて同じ高さにするので、あるいはログハウスを組む要領で、どちらも半分ずつ欠きこみ重ね合わせるという方法も考えましたが、どちらの材も強度が落ちてしまうような気がしたのでこれはやめました。
最終的にどちらの材を通しにするかで迷い、結局長辺の材を通しにすることにしました。長辺を通しにしたカが基礎にかかる重みもそれだけ分散されるのではなが理由です。
床の長辺は7.2mなので4mの角材を2本継ぎ合わせています。

家づくりのリーダー中古まず住まいの各
家づくりのリーダー中古まず住まいの各
双方向性のあるケアの気持ちを大切
双方向性のあるケアの気持ちを大切


家にお手伝いさんがいることも珍しく

家にお手伝いさんがいることも珍しく建築に触れ合いたいなーという感じで自継ぎ目の部分は半分づつ欠きこんで合わせ、ドリルで穴をあけてボルトでガッチリ固定。

さらに両側からコーススレッドでも補強しておきました。
長辺の4本はこの要領で一本の通しの材にしました。
外周の材は短辺もすべて通しの材にして、基礎に乗る部分は少し欠きこみ、内側から来る材も基礎に乗るようにしてあります。
受け金具を使えばこうした手間を省くこともできますが、こうしてしっかりと基礎の上に乗ってい才は金具の劣化や強度などの心配も無用です。
内側の十字に交差する部分は、基礎にブロックを使用して面積を広くしたので、欠きこまなくてもすべての材が基礎の上にしっかりと乗っています。

これで土台の完成です。
土台は、外周に使用した羽子板付き沓石にボルトとコーススレッドで緊結しています。
床出来上がった土台に合板を貼って行きますが、その前に私は合板の下側になる方に念のため防腐剤を塗っておきました。

土台の上で塗って、塗り終わったらその場で裏返していけば楽です。
合板をすべてビス留めしたら、今度はその上にツーバイフォー材を固定していきます。
できた枠の中に、サイズを合わせてカットした断熱材を入れます。

土台では長辺の材を通しにしたので、ここでは短い方をすべて通しにしました。
断熱材には40mm厚のカネライトフォームを使用しました。
ツーバイフォー材の厚みが38mmなので2mmほど断熱材が高くなってしまいますが、合板で強引にフタをすれば大丈夫だろうと判断しました。
すべての枠に断熱材を入れて、合板でフタをすれば床の完成です。

壁パネル1

設計の基本は合板サイズ本格的なツーバイフォー住宅では、イズの合板を使います。
壁には壁用の長い規格の合板を使うのが一般的なようですが、ホームセンターにはまず置いてないので、私のような素人の小屋づくりでは壁パネルもどこでも手に入る汎用的なサ基本的に建物のすべての長さは合板サイズ1820mmx910mmを基準にしているので、合板1枚だったら壁の高さは1820mmになります。

家が合理的だと言い切

部屋の出入り口までハイハイで行きこれより壁を高くしたければ上に2枚目の合板が必要になってきます。
いかに合板の切る回数を少なくし、さらに余りを出さないようにするなら、910mm単位で考えるのがベストです。
たとえば壁の高さを2730mm910mmx3にすれば、合板1.5枚分なので2段目の合板は半分に切るか、または横に使えば切らずにそのままはれます。
これより低いぶんには、1枚の合板を何等分にするかで高さを決めればいいのですが、これより高くすると、もう一方の切れ端の使い道がないと半端が大量に出てしまいます。
私が建てた小屋はロフト付きです。ロフトと言っても、狭い物置きスペースみたいなものより、使い勝手や快適性を求めると立って歩けるくらいの高さがあった方がよいです。ただ、ロフトのスペースを高くすると建物の高さもそれだけ高くなってきます。
設計段階でこんなことをあれこれ考えてロフトスペースと全体の壁の高さを決めました。
結局、一方の壁の高さを合板2枚分の3640mm、対面する壁を1.5枚分の2730mmにして、片流れの屋根にすることにしました。
片流れの屋根にしたのは、作るのが簡単という理由のほかに、雨どいも片側だけにつければよく、雨水利用を視野に入れるなら効率よく雨水を集められるからです。
壁パネル製作壁パネルの製作は雨対策で張ったブルーシートの下で行いました。
ツーバイフォーはまず床を作って、その上で壁を作って、壁を立てて、最後に屋根を作るので、屋根ができるまでの雨仕舞いが大変というデメリットがあります。
家を建てていた年は非常に雨が多く、晴れの日を待っていたら·向に作業が進まなかったので、雨の日でも作業ができるように、そして毎回シートをかけたり取ったりの手間を省くために頭上にブルーシートを張りました。
張ったブルーシートより高さが低いパネルは、出来上がり次第立ち上げました。

とちょっとした感動がありました。
建物全体の最終的な壁の高さはブルーシートよりぜんぜん高く、作った壁パネルを順々にたててしまうと毎回シートを取ったりかけたりしなければならなくなるため、てできてからシートをはずし、一気に立ち上げるという方法を取りました。家が合理的だと言い切間取りになっちやう工事の方式を決めるブロックは平積みにすると強度が弱いと聞いたことがあるので、石ころとモルタルを詰め込んで穴を埋めました。
使用したブロックは全部で18個。
ブロックは1個100円くらいなのでとても経済的です。
基礎完成すべての沓石とブロックをモルタルで固定したら、水糸や板や杭を撤去し、基礎の完成です。

建物との固定は外周の羽了板沓石で行い、内側のブロックはただ乗っかっているだけという基礎です。
神社仏閣をはじめ昔の建物は、礎石の上に束を乗っけているだけだったりするので、これでも問題ないはずです。建築基準法的にはわかりませんが(笑)基礎の歪みは建物全部に影響してきますので、高さや水平や位置を妥協なくしっかりと合わせることが理想です。
基礎の上に束を立てたり、束に渡したツーバイ材を大引きにする場合などはそのときに水平を合わせることができますが、私の場合はこの上に建物の土台とな。角材を直接乗せてしまうので、基礎の水と高さと位置はしっかりと合わせる必要がありました。
車を駐車している道路から建築場所まで山道を200メートルくらいせっせと人力で運んで来るので、と運び入れました。
これだけの量の沓石やブロックを運ぶのも汗だくで一苦労ででした。
すべての資材はこのようにて人カでせっせ

土台·床

ツーバイフォー工法には、さまざまな細かい決まりごとが書かれた仕様書があります。
私の場合はきちんとその仕様書通りに作ったわけではなく、「なんとなくツーバイフォーっぽい工法」という感じで作りま’た。
本章でご紹介する土台や床はまさにそのよい例で、ツーバイフォーとはあまり関係ないやり方です。
土台土台にはツーバイ材ではなく90mmの杉の角材を使用。
材をカットして必要な個所にすべて欠きこみを入れたあと、組む前に防腐剤を2度塗りして防腐処理をしておきました。
材のこげ茶色は防腐剤の色です。
土台を作るうえで頭を悩ませたのは、組み方です。特に内側の十字に交差する部分。
一方を通しの材だす。とも大引と根太というやり方であれば大引の上に根太を走らせればいいので、う一方は交差する部分で切る必要があります。
どちらも切らずに一本の通しの材を使えます。
しかし、私が作ろうとしていた土台はすべて同じ高さにするので、あるいはログハウスを組む要領で、どちらも半分ずつ欠きこみ重ね合わせるという方法も考えましたが、どちらの材も強度が落ちてしまうような気がしたのでこれはやめました。
最終的にどちらの材を通しにするかで迷い、結局長辺の材を通しにすることにしました。長辺を通しにしたカが基礎にかかる重みもそれだけ分散されるのではなが理由です。
床の長辺は7.2mなので4mの角材を2本継ぎ合わせています。

現代の広告から建築

継ぎ目の部分は半分づつ欠きこんで合わせ、ドリルで穴をあけてボルトでガッチリ固定。

さらに両側からコーススレッドでも補強しておきました。
長辺の4本はこの要領で一本の通しの材にしました。
外周の材は短辺もすべて通しの材にして、基礎に乗る部分は少し欠きこみ、内側から来る材も基礎に乗るようにしてあります。
受け金具を使えばこうした手間を省くこともできますが、こうしてしっかりと基礎の上に乗ってい才は金具の劣化や強度などの心配も無用です。
内側の十字に交差する部分は、基礎にブロックを使用して面積を広くしたので、欠きこまなくてもすべての材が基礎の上にしっかりと乗っています。

これで土台の完成です。
土台は、外周に使用した羽子板付き沓石にボルトとコーススレッドで緊結しています。
床出来上がった土台に合板を貼って行きますが、その前に私は合板の下側になる方に念のため防腐剤を塗っておきました。

土台の上で塗って、塗り終わったらその場で裏返していけば楽です。
合板をすべてビス留めしたら、今度はその上にツーバイフォー材を固定していきます。
できた枠の中に、サイズを合わせてカットした断熱材を入れます。

土台では長辺の材を通しにしたので、ここでは短い方をすべて通しにしました。
断熱材には40mm厚のカネライトフォームを使用しました。
ツーバイフォー材の厚みが38mmなので2mmほど断熱材が高くなってしまいますが、合板で強引にフタをすれば大丈夫だろうと判断しました。
すべての枠に断熱材を入れて、合板でフタをすれば床の完成です。

壁パネル1

設計の基本は合板サイズ本格的なツーバイフォー住宅では、イズの合板を使います。
壁には壁用の長い規格の合板を使うのが一般的なようですが、ホームセンターにはまず置いてないので、私のような素人の小屋づくりでは壁パネルもどこでも手に入る汎用的なサ基本的に建物のすべての長さは合板サイズ1820mmx910mmを基準にしているので、合板1枚だったら壁の高さは1820mmになります。


部屋の出入り口までハイハイで行き

家の力を活用するコスト削減効果だと言えこれより壁を高くしたければ上に2枚目の合板が必要になってきます。
いかに合板の切る回数を少なくし、さらに余りを出さないようにするなら、910mm単位で考えるのがベストです。
たとえば壁の高さを2730mm910mmx3にすれば、合板1.5枚分なので2段目の合板は半分に切るか、または横に使えば切らずにそのままはれます。
これより低いぶんには、1枚の合板を何等分にするかで高さを決めればいいのですが、これより高くすると、もう一方の切れ端の使い道がないと半端が大量に出てしまいます。
私が建てた小屋はロフト付きです。ロフトと言っても、狭い物置きスペースみたいなものより、使い勝手や快適性を求めると立って歩けるくらいの高さがあった方がよいです。ただ、ロフトのスペースを高くすると建物の高さもそれだけ高くなってきます。
設計段階でこんなことをあれこれ考えてロフトスペースと全体の壁の高さを決めました。
結局、一方の壁の高さを合板2枚分の3640mm、対面する壁を1.5枚分の2730mmにして、片流れの屋根にすることにしました。
片流れの屋根にしたのは、作るのが簡単という理由のほかに、雨どいも片側だけにつければよく、雨水利用を視野に入れるなら効率よく雨水を集められるからです。
壁パネル製作壁パネルの製作は雨対策で張ったブルーシートの下で行いました。
ツーバイフォーはまず床を作って、その上で壁を作って、壁を立てて、最後に屋根を作るので、屋根ができるまでの雨仕舞いが大変というデメリットがあります。
家を建てていた年は非常に雨が多く、晴れの日を待っていたら·向に作業が進まなかったので、雨の日でも作業ができるように、そして毎回シートをかけたり取ったりの手間を省くために頭上にブルーシートを張りました。
張ったブルーシートより高さが低いパネルは、出来上がり次第立ち上げました。

とちょっとした感動がありました。
建物全体の最終的な壁の高さはブルーシートよりぜんぜん高く、作った壁パネルを順々にたててしまうと毎回シートを取ったりかけたりしなければならなくなるため、てできてからシートをはずし、一気に立ち上げるという方法を取りました。現代の広告から建築